【海讯社股权代码•210322】 关于(网络营销推广)的若干解释【用户指南】

当前位置: 首页 > 海讯社 > 客户案例展示 > 深い三国文化基盤によって日本では三国文化が大いに促進された
深い三国文化基盤によって日本では三国文化が大いに促進された
海讯社(营销) / 2016-07-04

   中国使者が最初に日本へ行ったのは西暦239年である。また、邪馬台国の女王卑弥呼が魏国の都洛陽に使者を派遣し、奴隷及び布を献上し、魏の明帝によって「親魏倭王」の称号及び金印が授けられた。翌年、魏国が日本へ使者を派遣することによって三国がわが国の文化に根を下ろした。

目下、わが国では元代の『三国志平話』二版及び羅貫中が創作した『三国史演義』のいくつかのバージョン(中国ではすでに散逸した)を保管している。三国史は今の歴史書籍においても独特な地位を示している。2008年から、東京、大阪、福岡などの主要都市で連続的に一般民衆に向けて三国に関する知識のレベルテストが行われ、三国の文化的基盤がいかにしっかりしているのかを垣間見ることができる。

近現代においては、三国文化が二次元化されている。民間で伝わり広まった吉川英治及び横山光輝の『三国史』以外に、高等学校で大ヒットとなった『一騎当千』、さらに魏蜀呉三国の名将と織田、武田などの名将を演武台にて戦わせる『無双OROCHI』などの派生作品もアジア各国で大きなブームを巻き起こし、人々に愛着されている。これは三国文化の伝承と発展にはいクオリティーの高い媒体を提供するだけではなく、われわれの世代でも三国文化をさらに発展させるにも繋がる。